拉致洗脳虐待にNO!市民運動を応援するアパレルグッズの販売キャンペーン

〆切未定、その他

合同会社小島事務所は、国際批判を浴びている日本国内の片親に因る拉致や洗脳虐待の慣習を国内周知すべく活動をしている市民の運動を応援するグッズの販売キャンペーンを開始した。このキャンペーンの収益は、缶バッチの製造と無償配布活動として市民団体へ還元される予定となっている。

【背景】東京オリンピックイヤーに突入し、外国人に安心して訪問していただける体制を整えなければならない状況のなか、昨秋より、ドイツ外務省のホームページでは、日本への渡航注意情報として「日本では片親に因る子の拉致が横行し法的救済が無く親子が生き別れになるリスクがあること」が掲載された。国外逃亡したゴーン氏の指摘する日本の人質司法と呼ばれる人権感覚にも国際社会から非難の声があがっている。EU各国からの連名抗議や国連子どもの権利委員会から日本の親子分離強要慣習には勧告がされているが、国民の認知度は低い。

そのような状況のなか、この日本の人権問題の国内認知活動を担っている市民運動を支援するために、メッセージTシャツなどの製造販売を行うことにした。
この販売キャンペーンによる収益は、缶バッジの製造と無料配布として市民団体に還元される。

【発売日】2020年1月16日
【品目】Tシャツ、キャップ、ウインドブレイカー、ベスト、エコバッグ、鉢巻など
【価格帯】50円~6000円 *送料は一律800円
【販売方法】下記URLのキャンペーン専門サイトより販売
https://tarokojima.theshop.jp/

【本件に対するお問い合わせ先】
企業名:合同会社小島事務所
担当者名:小島太郎
問い合わせ方法:下記URLの問い合わせフォームより承ります。
https://tarokojima.themedia.jp/pages/1974072/contact

こんなプレスリリースも読まれています